サロンが「治せません」と言うのは?医学的根拠や法的根拠が大切な理由

query_builder 2021/03/21
ブログ
施術中

リラクゼーション業に反対するブロガーの
HN・びんぼっちゃまさんから、Twitter上で色々
言われましたので、恐らくびんぼっちゃまさんの
ブログにもそのうち当店が登場するでしょう。


しかしラフィネの件で当店に苦情を言われても
対応できませんねー。
愛原はラフィネの法務担当ではありませんし。


その件はボディワークホールディングスに直接

連絡していただくのが正当ではないかと。


びんぼっちゃまさんは、リラクゼーション業自体に
反対のご意見の様ですので、愛原の意見とは今後も
相容れないでしょう。


ただ、この様な方は一定数いますし、無視ではなく
お互いに存在を認めるのが建設的だと思ってます。


実際、民間資格しか持って無いのに


「うちで治します!」
「病気もケガも治します!」


などと言って、本当に困ってるお客様からお金を取り、
効果が見込めない、謎の施術を続ける悪徳業者が
存在していますから。


他に施術事故を起こし、責任を取らない業者も。
こういう業者がいれば、リラクゼーション業自体を
憎む人がいて当たり前なんですよね…


ただ


「利用者がいる=需要がある、求められている」


という事です。


ですから、廃業を強制される謂れはありません。



ペンペンのブログやInstagramでは、よく


「医師の指示に従ってください」


と投稿しています。
一般の方の考えでは


「サロンって医療と反対の考えじゃないの?」


と思われる方が多いと思います。
今回のブログでは、その件について述べていきます。






多くのサロンでは、スピリチュアル的なものが?




確かに、多くのサロンではリラックス目的で
スピリチュアル的な要素を取り入れている事が
多いと言えます。


勿論愛原も、スピリチュアルを完全否定はしません。
しかし、根拠がない方法で


「これで〇〇病が治ります!」
「薬はもういらない!」


と言った発言をしているサロンは、かなり危険です。
カルト宗教の様な発言だからです。


実際、その方法で完治や寛解した人もいるでしょう。
しかしそれで


「この効果は実証された!
 医学的根拠がある!」


というのは早計です。
だって「たまたま」「偶然」という事がありますから。





愛原は若い頃、一時的に反標準医療にかぶれていました。




「現代医療に裏切られたから、民間療法に頼りたい」


時々この様におっしゃる方がいます。
勿論その様に考えるに至った経緯も理解しています。


ただ、民間医療で治すことは不可能に近いです。
標準医療に期待される結果を期待するのはムダです。
治すことができません。


効果が科学的に実証されてない方法が多いですから
そこはご理解ください。


民間療法で効果が認められたのは


漢方薬
カイロプラクティック


だけだと言われています。


現代医療の事を「標準医療」と呼びます。
医師も千差万別で、正しい処置をする医師がいれば
金儲けの為に、デタラメなことをする医師もいます。


本当にここは気を付けなければいけない点ですね。


去年秋ごろTwitter上で、愛原がフォローしている
五本木クリニック院長・桑満おさむ先生の投稿で
民間療法の施術でケガや病気を完治させる
といった内容の怪しい広告に対するコメントが。


愛原もそれを見て、桑満先生に同意。
しかし


「お前(愛原のことです)の意見は全て間違ってる。
 病院で治らなかった人間を治すのがお前ら
 セラピストの仕事だ。


 法的にできない?
 言い訳すんな、お前の腕が悪いからだ!」


という、好戦的なコメントがつきました。
(コメント内容は要約しています)


はっきりと申し上げますと、この様な思想は
大変危険です。


法的にも違法行為を強要してることになりかねませんが
それ以上に危険行為を強要してる様なものだからです。






何故民間資格のセラピストは「治せません」と言う?




これは単純に、治療するための資格が無いからです。


  • 民間資格しか無いセラピスト
  • 国家資格を持つ医師・鍼灸師・柔道整復師・あんま師・指圧師


この間には、大きな壁があります。
何故かこの差を知らない方が多いです。


ですから、この資格を「運転免許」に置き換えます。


我々民間資格のセラピストは、運転免許で言えば


第一種中型自動車免許
(昔で言う普通自動車免許ですね)


を持っている、と考えてください。
車の運転ができる、ということですね。


施術に置き換えたら、「単に施術できる」程度。


日常で車の運転をする
車で送り迎えや買い物をする


と言った程度の利用です。


国家資格を持つ施術者は


大型自動車運転免許
特殊免許(クレーン車やブルドーザーなど)
第二種運転免許(普通・大型)


を持っているのと同じです。
この資格で給料が跳ね上がり、社会的信用があります。
技術的にも法的にも、治療できる能力があります。


その差です。
ここで、民間資格しか無いセラピストに


「治してくれ!」


と頼むのは


「一種中型自動車の資格しか持たない人間に
 観光客を乗せた大型バスを運転させる。」


に等しい行為です。


この例えでしたら、多くの方にわかっていただけると思います。
大変危険な行為をさせようとしてるワケですね。


まずもって大型を運転する技術がない。
そしてその資格もありませんから、殆どのセラピストは


「できません!」


と断ります。





リラクゼーションサロンが


「うちはマッサージ屋です」


とは言わない理由も、法的な問題です。

いう事ができないからです。


しかし店を探している一般の人は、その理由がわかりません。

サイト内に掲載されない検索ワードに入れる事はあっても

サイト内の施術案内で「マッサージ」とは入れられません。


お客様の感想や発言として載せる場合はあります。


NEW

  • 脳洗浄をやってみたいあなたに…「脳洗浄」は、ヘッドスパのこと!

    query_builder 2021/04/10
  • サプリメントの選び方

    query_builder 2021/04/04
  • 自律神経の乱れで起き得る、意外なこと

    query_builder 2021/03/30
  • リンパドレナージュが、服を脱がなくても受けられる!?

    query_builder 2021/03/24
  • サロンが「治せません」と言うのは?医学的根拠や法的根拠が大切な理由

    query_builder 2021/03/21

CATEGORY

ARCHIVE