強い体を持つ人の、最適なボディケア

query_builder 2020/12/12
ブログ
鍛えてる人

「体が強い人は、強い施術でないと効果がない」


というイメージが強いですよね。

結構その様に考えてる人は多いみたいです。


実際はしっかり鍛えている人ほど、やさしい施術が大切なんですよ。


一番おすすめなのは、オイル施術。

リンパドレナージュなんて本当におすすめです!

これしか受けない米兵さんもいます(笑)


滑らか~に、ゆるやか~にケアしていきますので、痛くありません。

ペンペンでは60分コースから。

下半身のみのコースは、冷え対策。

ですが、余分なセルライトもケアできますよ♪


お問合せ・予約はLINEで。

無料セルフケア動画も配布しています。

上記LINEに


下半身


と3文字入力して、送信してください。

自動でセルフケア動画をお送りします。

こちらは期間限定ですので、お早めに!




良質な筋肉は、柔らかいんですよ。


皆さんイメージしてください。

有名なスポーツ選手って、みなさん均整の取れた体つきですよね。

下記写真は、色々な競技の一流アスリートの体型をまとめたものです。


左から体操、走高跳、トランポリン、走高跳、三段跳び、レスリング


左からボクシング、バスケットボール、ゴルフ、野球、ハンドボール



「カラパイア」より


本当のスポーツ選手って、体が柔らかいんです。

これは何故かというと、全身を最大限動かすには、柔軟性が必要だから。

そして、ケガをしない為にも、柔らかい体でいる必要があります。


愛原も、今まで自衛官・警察官・消防士・米兵(他国の軍人)など、強い肉体を持つ人のケアをしてきました。


珍しい職業の人ですと、武術師範や競輪選手もいました。

そこでやはりあらためて実感したのは、


「普段から強い体を維持するために訓練をしていて、尚且つしっかりケアをしている人の筋肉は柔らかい。」


意外にも、普段鍛えているわけではなく、でも


「疲れがとれない、いつも疲れている」


という人の方が、筋肉が硬いんですよね。

これは筋肉は緊張した状態のまま、全くほぐされていないから。



普段から鍛えている人なら、ある程度自分の限界や


「これ以上疲れを残すと、翌日に影響があるな」


ということがわかりますので、無理はしません。

そして適切なセルフケアや、プロのケアを受けます。



普段あまり運動をしない人や、常に疲れを放置している人ほど


「まだ大丈夫…まだ大丈夫…」


と無理を続け、最終的には負傷や病気に発展します。


一流アスリートではなくとも、皆さんも体を大切にしましょうね!


NEW

  • 低体温と冷え性の違いは?どう危険?防止策は?

    query_builder 2021/01/15
  • あなたが生理痛をガマンするのは、人生のムダ使いです。

    query_builder 2021/01/10
  • 静電気、過度な〇〇制限…小さいことだけど、本当は気にした方がいい。

    query_builder 2021/01/03
  • 軍や警察に学ぶ、危機管理・感染症防止編。

    query_builder 2020/12/26
  • 部分ケアでは解決するのは、一時的な悩みだけ。ペンペンのケアは、全身に作用する様工夫しているから、...

    query_builder 2020/12/18

CATEGORY

ARCHIVE