温活で免疫機能を正常に!まず寒さ対策・冷え対策から!

query_builder 2020/02/08
ブログ
温活

「冬将軍襲来!」


ニュースでそんな単語が目に入り、おもむろにサングラスを装着する、某おそロs(ry)大統領が私の脳内に出現!


皆さん! 寒さ対策はきちんとされていますか!?
日が当たらない場所や風が吹くとすぐ体が冷えてしまいますから、皆さん、しっかり寒さ対策をしてくださいね。


何故なら、寒さで免疫機能が正常に働かなくなってしまい、少しのことで病気にかかりやすくなります。
寒さ対策・冷え対策をしっかり行い、寒くても元気に活躍して、皆に差をつけちゃいましょう☆

キラキラ女子で他の人に差をつけるなら、早いうちに抵抗力の強い体を作っておきませんとね。



まずはやっぱり入浴!


入浴の何がいいのか、説明いたします!
入浴すると、勿論冷えた体を温めることができます。

それ以外にも、入浴の水圧でむくみを押し流してくれます。


「そりゃ、入った方がいいのはわかるけど、ゆっくり入浴してる時間なんてないよ~!
 シャワーだけでもなんとかならない?」


というシャワー派の方には、こちらの方法!
シャワーを浴びる前に、お風呂掃除用に使うバスブーツを用意。

これにお湯をためたら、履いたままシャワーを浴びましょう。


この方法は、店主が大手サロンにいた時、先輩から教えてもらった、非常に簡単、かつ実用的な方法です。
この方法は足湯と同じ効果を得られる上、シャワーの間に足湯を済ませる、というとても賢い方法。


店主も、先輩からこの方法を教わった時は、


「先輩すごい!天才!」


と称賛ものでした。


それに、寒い時期にむくみを放置してしまうと、むくみの元

(老廃物を含んだ、血管やリンパ管からしみ出してきた不要な水分)

が脂肪周辺にとどまってしまい、代謝が落ち、セルライトの状態が悪化。

しかも、冷え性が悪化しよりむくみやすくなるという悪循環。


入浴中、セルライトになりやすい場所を、下から優しく撫で上げていきましょう。

ふくらはぎ、ふともも、お尻を中心に。

両手で撫で上げる手順は、ペンペンのInstagramでも紹介しています。

こちらを参考にしてください。


セルライトが減ると、睡眠時に冷えで起こされることもなくなっていきます。
睡眠を阻害されるのは、脳の疲労や体力の低下にもつながりますので、早め早めの対策が大事。


セルライトは通常のダイエットや運動ではなくなりませんので、上記の様に適切なケアが必要です。

医学的には運動による血行促進やカロリー消費でなくなる、ということになってます。

が、実際賞金をとるほど運動していた私なのに、殆ど減りませんでした。


また、エステやリラクゼーションサロンで痩身コースやリンパドレナージュのコースを受けるのも、セルライト対策として有効です。
ペンペンでもリンパドレナージュを提供しております(要予約)ので、気になる方はお問い合わせください。

但し、痩身コースを提供するエステの中には


  • 痛いだけで痩身に効果が無い施術
  • ハイフ等、医療機関からの払下げ機器を違法に使用している


という、悪徳エステサロンもあります。

これらは絶対に受けないでください。

そもそもエステで起きた事故は、美容整形と違い、治療の保証がありません。

美容整形が高額なのは、治療も含まれているからです。


ちなみにおすすめなマシンエステは


キャビテーション

ラジオ波照射

赤外線照射


ですよ。

ハイフやハイパーナイフは…正直、あまりおすすめできません。

(ハイフについては2020年11月4日に追記しました。)



ペンペン店主も、若い頃はセルライトによる冷え性に苦しみました…。
その時、通っていたエステの店長さんから、セルライトケアを教わりました。

毎日一生懸命セルフケアを続けた結果、店長さんからもほめられる程セルライトが減りました♪

勿論なくなった訳ではありませんが、夜中に飛び起きるほど冷える事はなくなりました。


もし、特に下半身の冷えに悩んでいる方は、セルライト対策をしっかりしましょう。
お悩みがある方は、ペンペンでお話してみませんか?


冬は暖かい飲み物を選んでいただくのが最善。

ただ、飲む物によっては、温かくても体を冷やしてしまう場合があります。


「日本人は緑茶だよね~」


はい、確かにおっしゃる通りです。
こたつで温かい緑茶にみかん…最高ですね。


ですが、緑茶もみかんも、漢方の考えでは体を冷やしてしまう飲み物&食べ物です。
夏場で熱を下げたい時は、活用してほしい食べ物ですが、冬は体を温めるものを積極的に選んでいただくといいですね。

体を温めるなら、紅茶や烏龍茶、ほうじ茶等発酵したお茶・焙煎したお茶です。

ハーブティーならエキナセア、ハイビスカス、ブルーマロウ辺りが個人的におすすめですが、ハーブティは好みが分かれますので、お好きなものを組み合わせてくださいね。


体を温める食材として有名なショウガですが、乾燥したショウガには持続性、新鮮なショウガは即効性があります。

ですから、ショウガは2種類使うのがベスト!

料理に使う場合は、こちらをご参考ください。


上で「みかんは体を冷やす」と書きましたが、みかんの皮には、体を温める作用があります。

みかんの皮を乾燥させた「陳皮」という漢方薬をお試しになるものいいですね。

陳皮は台湾では、おやつとしても親しまれています。

ペンペン店主は、台湾に住んでいた頃、お茶うけによく食べていました。
養命酒さんのサイトに活用アイデアが紹介されていますので、どうぞご参考に!

NEW

  • 脳洗浄をやってみたいあなたに…「脳洗浄」は、ヘッドスパのこと!

    query_builder 2021/04/10
  • サプリメントの選び方

    query_builder 2021/04/04
  • 自律神経の乱れで起き得る、意外なこと

    query_builder 2021/03/30
  • リンパドレナージュが、服を脱がなくても受けられる!?

    query_builder 2021/03/24
  • サロンが「治せません」と言うのは?医学的根拠や法的根拠が大切な理由

    query_builder 2021/03/21

CATEGORY

ARCHIVE